トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

三木市チーム大健闘

0
    兵庫県郡市区対抗駅伝競走大会(2月7日)

     兵庫県郡市区対抗駅伝大会が加古川河川敷において、女子5区間、
    男子7区間で行われました。
     三木市チームは、女子が総合2位(1部準優勝)、男子が総合6位(2部準優勝)という大健闘を見せました。
     女子は平成21年の2位以来の過去最高タイの成績で、これで12年連続の1部(ベスト10以内)として来年も出場することになりました。あとは、悲願の総合1位を目指すだけです。
     男子は、2年連続2部に甘んじていましたが、これで1部に返り咲きを果たしました。
     三木市チームは、男子1区の大学生以外は、すべて中高校生でメンバーで構成するという若いチームでしたが、実業団選手を擁する他の郡市区チームに引けを取らない走りを見せました。これも各学校の陸上部顧問の先生方の指導の賜物だと思います。
     会場には、多数の三木市民の方の応援もあり、
    暗いニュースが続く三木市において、若い人たちの健闘が明るい話題となりました。

    女子スタート(黄色のランパンが三木市)
    1区・2区では13位でしたが、中学生区間の3区で6人・同じく4区で3人抜きの走りを見せ、アンカーの高校生がさらに2人を抜いて、見事準優勝を果たしました。

    男子は前半から上位をキープしました。
    2区では4位まで順位を上げる大健闘。

    男子で1区を走った教え子(星陽中出身)に久しぶりに会いました。
    大学では、全日本大学駅伝に3度出場しています。
    4月からは実業団で頑張るそうです。

    ※寒い中、応援いただきました三木市関係者・各学校陸上部員・保護者・市内の駅伝ファンの皆様に、チームスタッフ共々厚くお礼申し上げます。
     


    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    mobile

    qrcode