トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

研究員発表会

0

    三木市立教育センター研究員発表会(2月22日)

     

     各学校の研究員による研究の成果発表会を開催することによって、教育研究活動の振興と教職員の実践力の向上を図ることを目的とした研究員発表会が三木市立教育センターで行われました。

     今回は、4つの研究部門に取り組んだ三木市内の4校と共同研究による1部門の発表が行われました。

     学校管理職や教職員、教育委員、市議会議員も4名(内藤議長、板東議員、吉田議員、古田)が参加しました。

     

    【発表内容】

    情報教育…プログラミング教育の可能性の探究

          〜LEGO We Do 2.0をどのように活用できるか〜

    道徳教育…自己を見つめ直し、共によりよく生きようとする平田っ子を

                   培う道徳教育の創造

                   〜道徳的価値を再構成する授業づくりを手がかりにして〜

    特別支援教育…支援学級も通常の学級も、子どもたちが過ごしやすい

           学級づくり、授業づくり、学校づくりをめざして

            〜ずべての子どもたちに教育の力を〜

    その他…児童生徒と向き合う時間の確保とワークライフバランス実現に

        向けて

          〜みんなで取り組むBI(Business Improvement)〜

    その他…若手教員スキルアップ!

        〜「すぐ使える!」を実感できる主体的研究会『Ford』を通して〜

     

    開会あいさつ

     

    教育振興部長から研究員制度の意義が述べられました。
    全体発表

     

    プロミラミング教育で児童が身につける論理的思考力の検証が示されました。
    勤務時間の適正化に関する発表

     

    定時で帰るTシャツ」の着用や「呼びかけリーダー」の導入などの実践が報告されました。
    講評(大研修室)

     

    兵庫教育大学 長澤憲保教授
    特別支援教育の発表

     

    個への対応における「ほめ方」について質問が出ました。
    講評(中研修室)

     

    関西国際大学 松尾和宣准教授

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ※発表時間の設定が30分では短いような気がしました。

     研究で示されたことを実践することで、三木の子どもたちの教育の充実につなげてほしいと思います。

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    mobile

    qrcode