トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

文化財防火デー

0

    消防訓練〜火災から文化財を守れ(1月26日)

     

     文化財防火デーに合わせた消防訓練が三木市吉川町にある法光寺で行われました。

     法光寺は、五輪塔や鬼面などの県指定文化財がある真言宗の名刹です。私もはじめて訪れました。

     訓練は、三木市消防本部、吉川分署、地元消防団の合同で実施されました。

     消防車到着後に、迅速に消火活動が進められたことに対して、法光寺住職さんも感心しておられました。

     首里城やノートルダム寺院のような世界遺産規模の大火災も起きています。文化財を後世に伝えていくためにも、山火事防止なども含めた防火意識を高めることが大切であると感じました。

     

    訓練が行われた法光寺
    住職さんの火災発生通報で訓練がスタート
    山火事(想定)の煙に包まれる本堂
    山火事の消火活動
    本堂への類焼防止の放水
    消火活動を境内から見学
    藤原消防長による講評
     

    ※消防関係者の皆さんの日ごろの取組の成果が示された消火訓練でした。ご苦労様でした。

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    mobile

    qrcode