トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

幼稚園・保育所存続に関する要望書

0
    市立三木幼稚園・三樹幼稚園・志染保育所存続に関する要望書が出されました(6月6日)

     先週の緑が丘幼稚園の保護者に続き、本日、三木幼稚園・三樹幼稚園・志染保育所の保護者6名と議員による話し合いを持ちました。
     出席議員は、大眉、坂東、大西、岸本、古田の5名でした。
     認定こども園の充実を図るための保護者の切実な願いを聞くことができました。


    【市長あて要望書】(抜粋)
     市内
    の全ての認定こども園において「三木市統一カリキュラム」が浸透するまでの間、公立園を認定こども園に入れない園児の受け皿として存続させ、認定こども園の落ち着いた環境をつくるための補完的な役割を公立園が担うことで、市は未就学児に対する公の責任を果たして下さい。



    ※昨年の3月議会で三木市の幼保一体化計画は決まったようですが、性急に進めたことで、子育て世代の方々に不安を与えているようです。
     三木市長は、見直しも含めて、要望に真摯に答えてあげてほしい思います。
     このような状態が続けば、子育て世代をどんどん三木に移住してもらい人口増を図る政策は達成困難になります。
     就学前教育を公教育から手放すことのツケが将来回ってくるのではないかと不安に感じます。
     


    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    mobile

    qrcode