トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

地域食堂を考える会

0

    地域食堂を考える会(7月2日)

       於:三木市立教育センター

     

     地域食堂(子ども食堂)を推進する鳥取市の関係者から取組のようすを伺いました。

     平成27年12月に開始された子ども食堂が、今年の6月には17か所まで増えてきた経過が示され、「地域食堂」ネットワークの取組についての説明がありました。

     会場には、行政職員、ボランティア関係者、事業者、市議会議員等が参加し、意見交換も行われました。

     

    【講師】 ※敬称略

    川口寿弘(鳥取市中央人権福祉センター所長)

    桑田達也(きりん子ども食堂運営者) ほか1名

     

    【地域食堂の要件】

    居場所であること

    」を提供すること

    身近な相談者(学習支援)

    多様な人々が関わること

     

    【おもな質問】

    ・市職員(公務員)が民間の子ども食堂に関わることに問題はないか。

    ・子どもの帰宅はどのようになっているか。

    ・補助金とその効果の検証は。

    ・3年半で急速に増加しているが、どのようなPRを行っているのか。

     

    配布資料
    神戸新聞三木版
     

    ※「地域食堂」(子ども食堂)は市長の選挙公約でもあり、行政施策として進められることで、福祉分野に限らず、地域の産業界、金融機関、農業関係団体等の支援にもつながっています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    mobile

    qrcode