トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

優勝報告会

0

    全国都道府県対抗女子駅伝競走大会優勝報告会(3月21日)

     

     今年1月14日に京都市で開催された「皇后盃第36回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」において14年ぶり4回目の優勝を達成した兵庫県女子チームの優勝報告会が、3月21日神戸市で開催されました。

     会場には、日本陸連の帖佐寛章顧問、兵庫県体育協会の荒木一聡理事長(兵庫県副知事)をはじめ、県下の郡市陸上競技協会代表者や陸上競技関係者など多数が集まり、今回の偉業を祝しました。

     私も三木市陸上競技協会を代表して出席しました。

     今大会には、三木市出身の選手はいませんでしたが、三木東中学校陸上部顧問の渋谷優美先生がコーチとして選手団に加わり、優勝に貢献しました。

     

            【大会結果】

    ※丸数字は区間成績
     

    会場となったANAクラウンプラザ神戸

    開会あいさつ:西川公明兵庫陸協会長

    「アンカーがフィニッシュテープを切って初めて優勝を実感した」
    優勝報告:榎本隆夫監督

    「6区でトップに立てば、優勝できると思っていたが、そこまでのランナーたちが粘りの走りをしてくれた」
    選手団写真撮影

    実業団選手は、合宿等のため欠席でした。
    三木市の渋谷コーチにもねぎらいの声をかけました。
    北播陸協の皆さんと榎本監督を囲んでの記念写真

    小野市、加西市、西脇市、監督、三木市(左から)
     

    ※来年の連続優勝を願うとともに男子チームとのアベック全国制覇を期待する声が会場からも聞こえました。

     がんばれ!兵庫県チーム

     

     

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    mobile

    qrcode