トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

三木の安全なくらしを守る市民大会

0

    第30回三木の安全なくらしを守る市民大会(10月31日)

     

     三木市における犯罪や事故のない明るい住みよいまちづくりを進める、三木の安全なくらしを守る市民大会が三木山森林公園音楽ホールで開催されました。

     三木警察署長から、三木市では65才以上の交通事故が県の平均を上回っていることと特殊詐欺における高齢者の被害が多いという報告がありました。

     この大会では、長年にわたり三木警察署に勤務し、住民の安全な暮らしに貢献された警察官を顕彰する「みなぎ賞」や、防犯功労者や交通安全功労者などに対する表彰がありました。

     また、今回のテーマである「暴力追放」に関して、「兵庫県下における暴力団追放市民運動」という演題で、暴力団排除に取り組む尼崎の実践例や暴力団対策法について、弁護士の垣添誠雄氏による講演がありました。

     その後、三木警察署の警察官によるバンド演奏があり、大会宣言の朗読で閉会しました。

     

    主催者あいさつ

     

    仲田三木市長
    みなぎ賞の表彰

     

    三木警察署地域課の警部補がご夫婦で表彰を受けられました。
    講演

    「兵庫県下における暴力団追放市民運動」

     

    暴力団事務所の使用制限により、山口組事務所でのハロウィーン活動の阻止ができるとのことです。
    暴力団追放三ない運動

     

    暴力団を恐れない、暴力団を利用しない、暴力団に金を出さないの「三ない運動」を確認し、暴力団の侵入をみんなの力で排除することが大切です。
    アトラクション

     

    MKoB(三木警察おっさんバンド)による歌と演奏で会場は盛り上がりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ※暴力団抗争は、神戸や阪神間の出来事ではなく、三木市にも影響が出てくることも懸念されます。

     三ない運動では、暴力団と交際しないという追加項目が挙げられています。

     

     

     

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    mobile

    qrcode