トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

認知症について

0
    認知症について考える(7月3日)

     私の母は、年齢は95歳になりますが、要介護2のアルツハイマー型認知症です。昨年の春までは、一人で暮らしていましたが、今は、グループホームで生活をしています。
     認知症の症状としては「ものを盗まれた」とよく言います。また、好きな草木いじりの趣味もやる気が出なくなっています。これらは、認知症の初期(健忘期)でよくみられる症状です。
     下の写真は、ホームで描いたぬり絵の作品です。ディサービスで教えてもらったことを覚えているようです。


     
     ホームの入所者でぬり絵をするのは私の母だけだそうです。
                                                                                                                                                                  

     好きな花の絵です。

     
     昔懐かしい風景です。

     三木市の中でも高齢化率の高い緑が丘町では、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりに取り組むボランティアグループ「みどりほっとクラブ」があります。認知症サポーター養成講座も開かれます。(下記のチラシをごらんください)


     

     


    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    mobile

    qrcode