トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

総合防災訓練

0

    三木市総合防災訓練&防災フェスティバル(9月24日)

     

     平成29年度三木市総合防災訓練と第37回防災フェスティバルが三木山総合公園(陸上競技場・野球場)で開催されました。

     自衛隊や三木警察などの行政機関、消防団や関西国際大学消防隊、市内の企業や各種団体など大勢の市民が参加しました。

     防災ヘリの出動訓練の実演や炊き出し訓練によるドライカレーが参加者に配られました。

     防災フェスティバルでは、好天に恵まれ、家族連れの姿が多く見受けられました。

     子どもたちも防災体験に積極的に参加していました。

     

    【総合防災訓練】

    全参加機関が集まっての開会式

     


    来賓あいさつ

     

    市議会を代表して穂積議長のあいさつがありました。

    8名の市議会議員が参列しました。
    倒壊家屋からの救助訓練

     

    負傷者を応急の担架で一次避難所まで搬送します。
    飲料水給水訓練

     

    人海戦術によるバケツリレーが行われました。

    いざという時に住民が協力することの大切さを感じました。

     

     

     

     

     

     

     

    【防災フェスティバル】

    マスコット登場
    救急体験コーナー

     

    乳幼児対してもAEDの使用が可能です。
    水消火器コーナー

     

    小さな消防士が消火活動にチャレンジしました。
    ドローン公開飛行

     

    上空から撮影された映像が地上の画面に映しだされていました。

    かなり離れた距離からでも鮮明な映像を送ることができます。

     

     

     

     

     

     

     

    ※そのほか、連携型訓練として、事故車両レッカー移動、水道管復旧訓練や市民参加型訓練として簡易トイレ設置訓練、救援物資搬送・受領訓練など実際の災害を想定した訓練が行われました。

     大災害発生時には、市を挙げての行動が必要となります。

     訓練の積み重ねがいざという時に役に立つと思います。

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    mobile

    qrcode