トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

学校再編検討会議

0

    第3回学校再編検討会議(1月18日)

     

     校区の再編も含めた学校再編検討会議が開催されました。

     傍聴は、議員3名を含む17名でした。

     市議会で要求していた委員の追加は行われませんでしたが、意見聴取人を招へいすることによって、志染、星陽、吉川の3中学校区の地域部会の代表の意見を聞くことが設定されました。

     この会議では、学校再編に関する議論を深めていくはずでしたが、協議事項の3項目(図を参照)

      〇劼匹發傍瓩瓩蕕譴覲悗

      ⊂中一貫教育

      三木市の学校再編のイメージ

    について、ほとんど議論されることなく、委員からの発言も少なく、事務局案がそのまま了承されました。小規模校の良さを述べた委員の声もありましたが、深い議論とはなりませんでした。

     さらに、意見の聞き取りは、非公開となり傍聴をすることはできませんでした。地域の声が検討会議の中でどのように反映されたのか、わからないままで傍聴者は会場をあとにしました。

     




     

    ※非公開で行われた聞き取りについては、議事録の公開もありません。地域代表の人が発言しやすいように非公開にしたとのことでしたが、傍聴席からは、公開してもよいのではという声がありました。また、検討会議と言いながら、小中一貫教育や学校再編のイメージなどについて、議論が低調であるという声もありました。

     32年度から学校再編にとりかかることにはこだわらないという、教育委員会の発言もありました。6・3制の枠を取り払う新しい学校のシステムを構築するのであれば、現場の先生の声にもっと耳を傾けるべきです。

     学校づくりの主役は子どもであり、もう一方の主役は教員です。そして地域の協力のもとに新しい学校づくりを推進することが大切であると考えます。

     

     

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    mobile

    qrcode