トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

人権啓発研究集会

0

    第32回人権啓発研究集会

     

     兵庫県内では2回目となる人権啓発研究集会が、1月11・12日の両日にわたって、神戸市で開催されました。

     全国各地から、約4000名の参加者が集いました。

     また、三木市からも教職員や行政職員、各団体関係者など約80名が参加しました。

     

    ○全体会(1月11日)

     全体会は、ポートアイランドにある神戸国際展示場で開かれました。

     開会行事につづき、ふたつの講演が行われました。

     ・「兵庫県における皮革産業の現状と課題」

     ・たつの市「部落差別解消推進」条例の制定

     

     昨年、「部落差別解消推進法」「障害者差別解消法」「ヘイトスピーチ解消法」などの人権に関する法令が施行されました。

     しかし、子どもや高齢者への虐待、学校でのいじめ、職場でのパワハラ、SNSなどインターネットを悪用した誹謗中傷など、人権侵害に関する事象が多数起きています。偏見や差別を解消していくためには、すべての人が人権意識を高めていくことが大切であると考えます。

     

    オープニング

     

    神戸朝鮮高級学校吹奏楽部の演奏
    全体会

     

    主催者・来賓あいさつ
    全体会

     

    講演やシンポジウムに4000名の参加者が熱心に耳を傾けました。
     

    ∧科会(1月12日)

     2日目は、5つの分科会が神戸市内で開催されました。

     私は、のじぎく会館で行われた第4分科会(テーマ:部落差別解消法と実態調査)に参加しました。

     この分科会において、三木市市民ふれあい部人権推進課の「人権尊重のまちづくりに向けた意識実態調査の取り組みについて」という発表がありました。

     

    分科会4(のじぎく会館)

     

    ,△い弔虻絞婿件

    ・兵庫におけるあいつぐ差別事件

    ・「全国部落調査」復刻版出版事件と今後の課題

    ⊂鯲磴亡陲鼎人権意識実態調査の実施とその分析

    ・人権尊重のまちづくりに向けた意識実態調査の取り組みについて

    ほか
    会場の様子

     

    350名の参加予定者でしたが、場内は立ち見も出るほど満席となり、廊下にも多数の参加者が発表に聞き入っていました。
    三木市の取り組みの発表

     

    三木市においては「人権尊重のまちづくり条例」が、県下の市では初めての人権条例として平成13年1月に施行されています。
     

     部落差別などの人権問題を解決していくために、この全国的な研究集会が開かれました。

     三木市も「差別を許さない市民宣言」を制定しています。これからも差別解消法の趣旨を生かした市の具体的な施策を進めていくことが必要です。

     

     

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    mobile

    qrcode