トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

働き方改革

0

    連合兵庫県下キャラバン行動(7月3日)

     

     連合兵庫では、今国会の最大の争点になっている「働き方改革関連法案」に対応して、街頭アピール行動を実施しています。

     7月3日は、西脇、加東、小野、三木の北播地区において、街宣車運行を行いました。三木市内では、イオン三木店前、イオン青山店前の2か所において、連合北播議長と私がスポットアピールを行いました。

     政府が国会に提出した「働き方改革関連法案」には、〇超隼間の上限を法律で決める、月60時間を超える残業時間の割増率について、大企業と中小企業の差を無くす、F碓賚働同一賃金の法律を整備するといった、連合の要求事項も盛り込まれています。

     しかし、長時間労働の助成につながりかねない「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の創設には、連合も強く反対しています。長時間労働に歯止めをかけるはずなのに、この高プロ創設は、一日にいくら働いてもよいというものであり、法案の趣旨に相反しています。これらのことを、街頭で強くアピールしました。

     

    買い物客も足を止めて演説に耳を傾けてもらいました。

    (イオン三木店前)
    働き方改革の動向に関心を持ってほしいと訴えました。

    (イオン三木青山店前)
    連合兵庫の皆さんといっしょに。

    (ローソン三木青山店には、駐車場の一角をお借りするなどお世話になりました)
     

    ※高度プロフェッショナル制度は、働き方改革における、例外規定のような気がします。

     このような動きが、1日に11時間以上の勤務をしている教職員の働き方改革にも適用されないよう、しっかりと国の動きに注目していこうと思います。

     

     

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    mobile

    qrcode