トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

公立小中学校入学式

0

    夢に向かって新たなスタート

     

     地元緑が丘町にある2校の入学式に来賓として出席しました。

     

    緑が丘中学校(4月10日)

     第43回入学式が行われ、男子51名、女子64名、計115名が希望を胸に校門をくぐりました。

     野口博史校長は式辞の中で、「がんばらないけど、あきらめない」という言葉を述べ、しんどい時にはSOSを出すことの大切さを強調しました。

     私も、こどもから大人へと大きく変わっていくこの時期を大切に過ごしてほしいと願いました。

     8年前に私が同校で迎えた入学式の時の1年生は4クラスありましたが、今回は、クラス数が3クラスとなり、生徒数の減少も感じました。

     

    残念ながら校門の桜は散っていました。

    市内8中学校で約600名が、新しい中学校生活をスタートさせました。
    張り出された学級発表を見つめる保護者の皆さん

    父母がそろって出席する姿も見られました。
     

    緑が丘東小学校(4月11日)

     中学校の次の日、市内の小学校で入学式が行われました。

     第39回を迎える緑が丘東小学校の入学式に参列しました。

     男女合わせて74名の新入生が6年生に手を引かれて、式場に入場してきました。

     高郷裕次校長からは、「あいさつ」「じかん」「たすけあい」の大切さが述べられました。

     また、新入生の代表が「勉強や運動にがんばる」「友だちをたくさんつくりたい」と、喜びのことばを力強く述べました。

     

    校門の前での記念写真

    ランドセルが大きく見えました。
     

    ※三木のこどもたちが大きく成長してくれることを望みます。

     

     

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    mobile

    qrcode