トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

レトロジ

0

    大盛況!レトロジ2018(5月20日)

     

     昭和40年代まで隆盛を誇っていたナメラ商店街には昭和レトロの雰囲気が残っています。

     現在は人通りも少なくなってしまった商店街を復活させ、昭和を満喫できるイベントがこのレトロジです。

     今年は、毎回おなじみの大村崑さんを始め、朝日放送の朝番組「おはよう朝日です」のブースも設置され、火災で全焼した神戸電鉄三木駅の再整備の寄付が募られました。

     ブースには、岩本計介川添佳穂の両アナウンサーや番組キャラクターのおきたくんも登場。寄附目標100万円に向けた握手会には、長蛇の列ができていました。

     

    ナメラ商店街入口

     

    神戸電鉄上の丸駅側の戦国アニメボードが目印
    混雑するアーケード街

     

    子どもたちの姿が多く見受けられました。

    平成生まれの子どもたちもしばし昭和にタイムスリップしました。
    豪快な大道芸

     

    大勢の見物客の拍手喝采で盛り上がりを見せていました。

    ほかには、雅楽の演奏、のこぎり楽器、のど自慢などたくさんのイベントが行われました。
    名画ポスター

     

    シャッターには、懐かしの洋画、邦画のポスターが飾られていました。
    朝日放送ブース

     

    テレビカメラも登場し、番組撮影も行われました。

    この日の様子は、今週木曜日に放映されるようです。
    岩本、川添両アナウンサー

     

    1000円以上の寄付者には、特製キーホルダーが渡されました。

    そのほか、芸能コメンテーターの中西正男さんや大阪のおばちゃんこと谷口真由美さんの顔も見えました。
    商店街といえばチンドン屋

     

    昭和の大衆文化のひとつです。

    「とーざい、とーざい」の口上で始まります。

     


    懐かしのオート三輪ミゼット

     

    子どもの頃、荷台に乗せてもらったことを思い出しました。
    レトロな俳優大村崑さん

     

    チンドン屋の演奏する「とんま天狗」に合わせて踊る崑ちゃんです。

    「とんま天狗」は1960年ごろのテレビ人気番組でした。「姓はオロナイン、名は軟膏」が崑ちゃんの決め台詞でした。
     

    ※シャッター商店街ともいわれるナメラですが、この日は、昔を思い出すという声が出るほど、賑わっていました。

     私も商店街でかつての教え子たちやその保護者の方と出会い、昔話に花が咲きました。

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    mobile

    qrcode