トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

ジャズライブ

0

    河本江閲子ジャズヴォーカルライブ

     

     旧玉置家住宅で行われたお酒まつりのミニコンサートに出演されていた河本江閲子(かわもとえみこ)さんのライブに出かけました。

     ライブ会場は、神戸市西区押部谷町栄にある「SWing Ville」(スイングヴィル)でした。

     店内は、常連さんのジャズファンが集まり、河本さんのヴォーカルと堀江良トリオの演奏2ステージを楽しみました。また、ライブ後には、ポケットトランペットとヴォーカルのセッションタイムもあり、こちらも盛り上がりました。

     河本さんの甘い歌声で、スタンダードジャズソングの「Cheek to Cheek」や「テネシー・ワルツ」などを聴かせてもらいました。

     私がリクエストした「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」も歌ってもらい、次回のリクエスト曲には「センチメンタル・ジャーニー」をお願いしておきました。

     

    出演メンバー ※敬称略

     

    堀江良(テナーサックス)

    森本輝久(ピアノ)

    池松正信(ベース)
    ヴォーカル:河本江閲子(かわもとえみこ)

    神戸市西区出身

    甲南大学卒業後ジャズに目覚め、現在は主に阪神間でライブ活動中

     

    ジャズスタンダード曲からボサノバ、ポップス、映画音楽まで幅広いレパートリーを楽しむことができるシンガーです。
    メンバーと記念写真

     

    ピアノの森本さんは、玉置家でもピアノトリオで出演されていました。
    セッションタイム

     

    ポケットトランペット(ミニトランペット)奏者は三木市の音楽愛好家です。

    ヴォーカルセッションでは、ルイ・アームストロング張りの歌の披露がありました。


     

    ※この日は、三木「第九」演奏会(三木市文化会館)もあり、コンサートのハシゴとなりました。

     ベートーベンの合唱のあとにジャズヴォーカルを聴くという不思議な音楽の組み合わせになりました。

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    mobile

    qrcode