トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

緑が丘中体育祭

0

    第44回緑が丘中学校体育祭(9月14日)

     

     残暑厳しい中、緑が丘中学校で実施された第44回体育祭に来賓として参列しました。

     今年のスローガンは「勠緑協心(りくりょくきょうしん)〜令和最初の勝者は誰だ〜」でした。「勠緑協心」とは、力を合わせて心をひとつにするという「勠力協心(りくりょくきょうしん)」をもとにして生徒会が作成したものという校長先生の説明がありました。

     また、今年の体育祭のキーワードは「変化」ということで、中止となった組体操に代わる新しい演技、ロープスキッピングの曲目変更、PTA演技の変更などが挙げられました。

     青空のもと、生徒たちは力いっぱい演技に取り組んでいました。

     

    開会式

     

    全校生徒392名の入場行進


    1年学年演技

     

    どのクラスも練習の成果が出ていました。
    2年「緑中ソーラン」

     

    おそろいのハッピで力強く演技しました。

    地域の行事に出演することもあるようです。
    3年「緑中エール2019」

     

    組体操に代わる新しい演技が披露されました。
    3年「緑中エール2019」

     

    グラウンドの中央にひな壇が組まれて、歌あり踊りありのパフォーマンスが繰り広げられました
    スウェーデンリレー

     

    PTA・地域代表チームの一員としてリレーに参加しました。

    9年ぶりに緑中で走りました。保護者の力走で生徒チームにせり勝ちました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ※中学校の体育祭も少しずつ様変わりしていくようです。ムカデ競走、障害物競走、棒倒しなどはひと昔前の演技になってしまいました。

     学年演技では、保護者が見やすいように、グラウンドにせり出した観覧席(撮影エリア)も用意されました。これも新しい取組であると感じました。私が定年を迎えた緑が丘中学校の頃と比べ、校長先生や先生方のアイデアで様々な工夫を凝らしている体育祭になっていると思いました。

     

     

     

     

     

     

     


    関連する記事

    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    mobile

    qrcode