トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

学校再編

0

    令和元年度第2回学校再編検討会議(6月25日)

     

     学校再編検討会議において、喫緊の課題とされていた学校の統合について、その実施方針が明らかにされました。

     会議の冒頭、加治佐哲也会長(兵庫教育大学学長)から、学校再編の実施方針に係る提言(案)が示されました。

     その提言を受け、各委員から活発な意見が出されました。

     傍聴は18名(うち、市会議員は8名)でした。

     内容は、以下の通りです。

     

    (1)志染中学校の統合

     ○統合校⇒緑が丘中学校 

     ※緑が丘中学校と自由が丘中学校のいずれにするか、保護者や地域の意見は統一されていないが、地理的に東西に長い志染地区のほぼ中間点に位置する緑が丘中学校にする。

     ○統合時期⇒令和3年度

     ※一定の準備期間は必要であるが、生徒数減少が顕著であり、早急な対応を要する。

    志染中学校

    生徒数…46名


    緑が丘中学校

    生徒数…392名
     

    (2)星陽中学校の統合

     ○統合校 細川地区⇒三木中学校

          口吉川地区⇒吉川中学校

     ※細川地区は、保護者や地域が三木中学校との統合を望んでいる。

     ※口吉川地区は、統合校に対する意見の統一はないが、地域が隣接し地域性が似通っている吉川中学校にする。

     ○統合時期⇒令和4年度

     ※三木、吉川の両中学校との統合準備を進めるため、一定の準備期間を要する。

    星陽中学校

    生徒数…50名
    三木中学校

    生徒数…361名
    吉川中学校

    生徒数…117名

            

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (3)吉川4小学校の統合

     ○統合校⇒みなぎ台小学校に集約

     ○統合時期 

       中吉川小学校⇒令和3年度

       ※一定の準備期間は必要だが、早急な対応を要する。

       上吉川小学校⇒令和3年度

       ※複式学級が進んでおり、早急な統合を実施する必要がある。

       東吉川小学校⇒令和4年度以降

       ※保護者や地域の意見を聞き、令和4年度以降に統合する。

    みなぎ台小学校

    児童数…49名

     

    ※中吉川74名、上吉川32名、東吉川63名ですが、校舎の規模からみなぎ台に集約されます。
     


     

    ※学校統合に係る準備(統合準備委員会、児童生徒の交流事業)、心のケア対策(教職員の配置、学校生活上の支援)、通学方法(通学バス等)について、今後、詳細な資料を準備して、住民説明会が開かれます。

     

     

     

     

           

     

           
     


     

     

     

     


    関連する記事

    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    mobile

    qrcode