トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

みっきぃふれあいマラソン

0

    第26回みっきぃふれあいマラソン(3月3日)

     

     天候が心配されましたが、みっきぃふれあいマラソンが三木総合防災公園で盛大に開催されました。

     今回は、2879名がエントリーしましたが、参加者が久々に3000名を切りました。ファミリーの参加者が例年より少なかったのが原因と考えらえます。

     ゲストランナーは、西脇工業高校の陸上競技部員18名で、小学生と並んで走ったり、女子は5キロ、男子は10キロで快走を見せてくれました。

     大勢のボランティアの皆さんのおかげで、無事に大会を終えることができました。この大会にリピーターが多いのは、スタッフ一同の参加者に楽しく走ってもらおうという姿勢がみられるからだと思います。

     来年の参加者が増えることを願っています。

     

    開会式

     

    市会議員も10名が参列しました。

    私も参加ランナーを激励しました。

    左端は、三木金物キャラクターの「かんなどん
    ファミリーの部

     

    仲田市長も今年はランナーとして参加しました。

    走ったあとにも後続ランナーを出迎える姿が見られました。
    小学生の部

     

    トラックを1周した後、元気よくマラソンゲートを出ていきました。

    スタッフがしっかりと見守っています。
    表彰式

     

    私は、競技役員として表彰のプレゼンテーターも務めました。
    10キロの部

     

    最前列はゲストランナーの西脇工高の精鋭です。

    一般参加者の先頭を走り、トップで競技場に戻ってきました。
    教え子と指導者

     

    10キロに初参加した自由中・三木高の卒業生トリオです。

    内1名が6位入賞を果たしました。

    後ろの3名が彼女たちの中学・高校の陸上部顧問であった渋谷先生、大橋先生、古田です。
    飲食コーナー

     

    昨年よりフードブースが増え、行列もできていました。

    私も焼きそばやたこ焼きを食べました。
    教え子と指導者

     

    開会式でゲストランナーを代表してあいさつしたのは三木市出身の西脇工高の木下選手で、三木ジュニアRCの出身です。

    右側がジュニアRCの常本重次監督です。
    車いすランナー

     

    5キロの部に車いすでの参加者がありました。

    伴走がつきましたが、みなさん完走されました。

    視覚障がい者の参加もあり、だれにでも開かれた文字通りのふれあいマラソンになってきました。

     

     

     

     

     

     

     

    ※今回は体調不調により、10キロへの出場を取りやめました。

     競技役員に徹しましたが、ランナーの激走を見て、来年こそ60代最後の10キロレースに出場しようと思いました。

     「古田ひろあき」まだまだ走ります!

     

     

     

     


    関連する記事

    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    mobile

    qrcode