トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

兵庫教育フェスティバル

0

    第67次兵庫県教育研究集会

    ひょうご教育フェスティバル(11月11日)

     

     兵庫教育文化研究所・兵庫県教職員組合(兵教組)が主催する、教育研究集会(教研)が、11月11日・12日の2日間、西宮市で開催されています。

     私は、西宮市立浜脇小学校体育館で行われた開会行事に来賓として参加しました。

     オープニングとして、会場に隣接する浜脇中学校音楽部約100名による、歌と演奏が披露されました。

     川原兵教組執行委員長の主催者あいさつにつづき、久保連合兵庫会長、井戸知事、高井県教育長などから来賓あいさつがありました。

     全体会では、東京大学大学院教授本田由紀さんの記念講演も行われました。

     教研といえば、学校の先生による教育実践の発表の場というイメージがありますが、兵教組では、地域に開かれた教研とするため、2005年から、ひょうご教育フェスティバルとして開催しています。

     保護者や地域の方々にも参加してもらい、子どもの教育をめぐる対話を深めています。24の分科会に寄せられた384本の教育実践レポートの中には、地域・保護者のレポート47本も含まれています。

     三木教組からも、先生方の16本のレポートのほか、教員以外からも2本のレポートが持ち寄られました。

     フェスティバルでは、展示・体験コーナーも設けられており、文字通り「開かれた教研」にふさわしい、参加者の交流も図られました。

     

    会場周辺には、西宮えびす神社や酒蔵が並んでいました。
    オープニング

     

    手話を交えた合唱と演奏

    浜脇中学校音楽部は東北の被災地を訪問しています。
    開会行事

     

    川原委員長のあいさつ

    地元西宮市やPTA代表からもあいさつがありました。
     

    ※1昨年の赤穂市につづき、教育フェスティバルになってから、2回目の県教研参加となりました。

     午後からは別の行事が三木市であり、残念ながら、分科会を覗くことはできませんでした。

     現役のころ、実践レポートを支部教研の分科会で発表したことを思い出しました。

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    mobile

    qrcode