トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

平和を考える

0

    非核平和都市宣言のまち「三木」

     

     8月6日の「広島原爆の日」に、非核平和都市宣言を掲げている三木市にふさわしい2つの平和行事が行われました。

     私も、両方とも参加して、世界平和への誓いを参加者とともに誓いました。

     

    三木市非核平和都市宣言】(平成22年3月17日)
     核兵器の廃絶と世界の恒久平和は、わたしたちの永遠の願いです。
     しかし、今なお、世界においては戦争があり、最大の殺りく力となる核兵器が存在し続けています。
     世界唯一の被爆国として、その悲惨さを語り継いでいくことはわたしたちの責務であるとともに、核兵器のない平和な社会づくりの行動を続けていかなければなりません。 

     被爆された皆様や戦争によって尊い命を亡くされた先人、そして多くのご遺族の深い悲しみに応えることはもとより、今を生きる全ての人の命をはじめ豊かな自然と文化を守り、核兵器のない平和な社会を永遠に引き継いでいくよう努めてまいります。
     そして、核兵器の不拡散と廃絶を全世界に向け強く訴え、ここに、三木市は「非核平和都市宣言」をいたします。

     

    みんなで「平和の鐘を鳴らそう」&衣川亮輔ふれあいコンサート

     三木市ユネスコ協会の主催で、中央公民館に約200名が参加しました。

     児童英会話サークルの小学生、市内中学校の生徒会役員、三木北高校生など若い人たちの姿が目立ちました。

     

    ユネスコ憲章の朗読

     

    小学生、中学生、高校生によって、ユネスコ憲章の朗読が行われました。
    平和の鐘を聞きながら黙祷

     

    ハンドベルによる「エーデルワイス」の曲が演奏される中、参加者全員で黙祷を行いました。
    記念写真

     

    小中高校生とユネスコ協会理事がユネスコ旗を背景に記念写真を撮りました。
    ふれあいコンサート

     

    三木市の別所中学校の卒業生である、衣川亮輔さんのコンサートです。

    オリジナル曲である「ひよこ行進曲」「明日、天気になぁれ」など1時間の熱唱でした。
    ふれあいコンサート

     

     「上を向いて歩こう」「日本の童謡メドレー」「風に吹かれて」などでは、観客の傍で一緒に歌うなど、和やかなコンサートでした。

     

     

     

     

     

     

     

     

    8・6平和っていいなあ♡(ハート)まつり

     

     三木市立市民活動センターでは、各種市民団体による手づくりの平和イベントが行われました。

     後援をしている三木市からも、仲田市長をはじめ、教育長職務代行や市民ふれあい部長などの参加もありました。

     

    人権書道きらきら

     

    「平和の書」というテーマで子どもたちが書に取り組みました。
    うちわづくり

     

    仲田市長も足をとめて活動を見守りました。
    ステージ発表

     

    絵本がスクリーンに映され、平和の詩の朗読が行われました。

    午後からは、戦争体験紙芝居もありました。
    ステージ発表

     

    珍しい雅楽の「吉備楽」が演奏されました。

    そのほかコーラスやアコーディアン演奏もありました。

     

     

     

     

     

     


    かえっこバザール

     

    おもちゃの交換会などで子どもたちの遊びを育んでいます。

    ストラックアウトやクイズラリーなど楽しいプログラムもありました。
     

    ※どちらのイベントも平和な世界を子どもたちに伝えていこうという意気込みが感じられました。

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    mobile

    qrcode